今回は、栃木県上三川町で塗装業をされている株式会社ホーム・ビューティー様にお話を伺いました!

現場ポケットは現場ごとにトークグループを設定し、情報共有を行なうことができます。
なんと、ホームビューティー様ではお施主様もトークグループに参加されています。
ホームビューティーの吉田部長にお話を伺いました。

株式会社ホーム・ビューティー 吉田部長

「現場ポケット」のトークグループにお施主様を入れてみようと思ったきっかけは?

施工したアパートのオーナー様が神戸在住の方で、現場とは遠かったので、情報共有は難しいと思っていました。


現場の進み具合を伝える手段として、現場ポケットのトークグループに参加してもらい、進捗を確認してもらったことがきっかけです。
その結果「現場の進み具合を逐一確認できて凄く良い」とオーナーさんに大変喜んでいただけました。
今では全ての現場でお施主様を現場ポケットのグループに参加いただいているんですよ

「現場ポケット」のグループにお施主様が入ることによるメリットは?

現場で今どんな作業をしているのかリアルタイムで確認できるため、お施主様との食い違いが少なくなり、作業内容が見えることで安心感につながったと思います。
また職人も常にお施主様に見られている感覚があるため、しっかり乾燥時間を守ったり、写真投稿もマメに行うようになりました。

クロージング時にも案内されているんですよね?

現場ポケット画面

実際のスマホの現場ポケットを見せながら紹介しますね。


「弊社では現場での進み具合を現場管理ツールで確認しています。実はこちらにお客様にも参加し、一緒に確認していただいています。

よくお客様からは『要望があるんだけと職人さんに言いづらい』など言われることがあります。そのため現場ポケットを使用したお客様からはリアルタイムに現場で何が行われているのかがわかるし、何かご要望があればすぐメッセージができて気軽に言いやすくていいと好評な意見を頂いております。

またお客様からご要望いただくことで、こちらも職人も勉強になりますし、良い環境で職人が施工できるきっかけにもなっております。せっかくなのでお客様も加わってみんなで一つの芸術品を作り上げていきましょう!」以上が必殺トークです。

さいごに

この度は貴重なお話をありがとうございました!
お施主様とのコミュニケーションに課題を感じられている方は
現場ポケットでのやり取りをお試しされてみてはいかがでしょうか?